松阪工業高校・松阪北高校・三重工業學校私設校外集會室

杉浦重剛『亡友追遠録・西松二郎』

補足

東川吉嗣


  杉浦重剛の『亡友追遠録』には、宇都宮彰、市川盛三郎、城多虎雄、岩谷立太郎、福富孝季、十時虎雄、西村貞、磯野徳三郎、西松二郎、谷田部梅吉の十人の思ひ出が記されてゐる。そのうち、西松二郎についての章をここに掲載する。
亡友追遠録・西松二郎

  幸  を  意  に  輕  諂  の  し  當  し  に  機  交     く  が              乃  う     六  部  剛  杉  
  に  得  の  慨  侮  諛  少   ` 時  は  同  を  誼  余   ` 既  予           至  ち     六  編  先  浦  
  明  ん  思  歎  す  生  く  同  校   ` 氏  得  を  は     に  が     第     七   `    三  輯  生  重  
  治  と  あ  し  る  と   ` 窓  中  明 ┌┐ ず  通  同     臨  君     九     一   ┐    ペ   ` 全  剛  
  八   ` り  校  や  云  上  に  に  治  臨   ゜ ぜ  級     淵  と           二  第     |  昭  集  著  
  年  苦   ゜ 内  う  ひ  級  あ  一  八  淵  半  ん  に     言  懇     西     ペ  九     ジ  和  一   ┓ 
  夏  慮  如  に  に   ` 生  り  種  年  氏  个  と  あ     行  意     松     |        か  二 ┗   亡  
  期  し  何  協  見  上  に  乍  の  の └┘ 年  兼  ら     録  に     二     ジ  西     ら  十  大  友  
  休  た  に  同  え  級  接  ら  風  夏  と  間  て  ざ     中  な     郎    └┘ 松     第  年  日  追  
  暇  る  せ  心  た  生  す  他  儀  期  深  を  思  れ     に  つ              二     七   ` 本  遠  
  前  人  ば  な  り  は  る  級  あ  頃  交  經  ひ  ば     記  た              郎     一  研  教  録  
  に  も  結  き   ゜ 下  も  の  り  な  を  過  居  其     し  事             └      四  究  育 ┗   
  際  あ  合  は  有  級  の  人   ゜ り  結  せ  り  風     て  の             ┌┐    ペ  社  會 ┌┐ 
  し  り  せ   ` 志  生  を  に  各  し  ぶ  し  し  采     あ  起              第     |  發  滋   ┓ 
  上  し  し  兄  者  を  指  交  級  な  に  が  か  を     る  り              七     ジ  行  賀  杉  
  級  が  む  弟  は  甚  し  る  孤  ら  至   ` ど  聞      ゜ は              〇    └┘  ゜ 縣  浦  
  生   ` る  隔  常  だ  て  も  立  ん  り  終  好  き     曰  君              六        第  支  重  
                              ゜           `                                        

  け  別  其  屋  父  た  つ  と  大        此  雄  際  致  計  に  各  せ  る  余  洗  に  缺  勢  氏  中  
  れ  れ  れ  に  の  わ  た  が  谷  其  此  撰  氏  に  す  ら  勢  級  り  を  は  せ  恥  點  を  等  杉  
  ど  た  か  泊  も  け  が  あ  木  の  の  に  を  福  べ  ん  力  よ   ゜ 歎   ` ん  づ  は  な  感  浦  
  も   ゜ ら  つ  と  で   ` る  備  年  通  當  撰  富  し   ゜ あ  り  依  賞  増  と  べ  言  せ  ず  重  
   ` 此  京  た  に   ` 予   ゜ 一 ┌┐ り  れ  み  君  な  誰  り  人  て  し  島  決  き  ふ  る  る  剛  
  わ  の  都   ゜ 歸  予  の  君  郎  明  の  り  た  の  ど  生   ` 物  屡   ` 六  意  こ  迄  は  所  氏  
  ざ  際  あ  予  り  は  故  は  君  治  こ   ゜ り  級   ` に  交  を  杉  窃  一  せ  と  も  修  あ   ` 
  /  は  た  は   ` 叡  郷  郷  等  八  と  云   ゜ に  種  謀  際  撰  浦  に  郎  ら  な  な  學  り  宮  
  \  別  り  柳  君  山  江  里  と  年  で  云  福  て  々  ら  し  出  氏  應  氏  れ  り  く  上   ゜ 崎  
  予  段  を  屋  等  の  州  長  關 └┘ あ     富  は  の  ば  て  し  等  援  と  た   ゜ 他  の  校  道  
  の  の  一  で  は  下  に  崎  西  の  つ     氏   ` 計  某  該   ` の  せ  共  る  宜  校  不  内  正  
  郷  事  緒  君  石  に  立  へ  旅  夏  た     は  同  畫  級  級  某  室  ん  に  由  し  生  便  各  氏  
  里  は  に  等  山  住  寄  の  行   `  ゜    自  氏  を  の  と  氏  に  こ   ` を  く  に   ` 級   ` 
  に  無  旅  と  門  ん  つ  歸  を  予        ら  及  な  全  の  は  往  と  其  傳  其  向  徳  割  久  
  立  か  行  會  前  で  て  路  し  は        奮  城  し  體  團  何  來  を  美  承  弊  つ  義  據  原  
  寄  つ  し  合  の  ゐ  く  で  た  君        ふ  多  た  は  結  級  し  結  擧  し  を  て  上  の  躬  
  つ  た  て  し  柳  た  れ  あ  こ  及        て  虎  る  一  を  中   ` 託  な   ` 一  大  の  形  弦  
            `                                                                      

  し  へ  垣  祭  賀     士  な  て  行  間  た  千  學  明     て  る  見  其  を  あ  三  半  で     て  
  か  掃  根  の  町  其  著  ら   ` つ  も  が  頭  の  治  其  ゐ   ゜ る  の  し  る  十  で  は  此  く  
  つ  除  の  日  に  の  作  ば  予  た  な   ` 君  寄  十  れ  る   ┐ と  時  て  が  分   ` 最  の  れ  
  た  屋  向  に  家  頃  集  よ  の   ゜ く  君  は  宿  三  か   ゜ し  矢  話   `  ` が  食  後  年  た  
   ゜ が  ふ  遊  を  君     か  歸  す  予  と  外  舎  年  ら     ら  張  題  空  君  腹  事  の  の  の  
  ひ  來  が  び  持  は  貞  ら  京  る  は  面  の  に  に  余     み  君  を  腹  が  が  は  體  秋  で  
  ど  た  總  に  つ  増  照  う  後  と  病  會  下  君  歸  は     瘤  が  帳  を  案  へ  六  操  の  あ  
  い  も  雪  行  て  島  庵  と  の  九  氣  し  宿  と  つ  洋     の  一  面  忘  出  つ  時  の  こ  つ  
  ぢ  の  隠  つ  ゐ  君  回  云  住  月  療  暫  に  千  て  行     話  番  に  れ  し  て  で  時  と  た  
  や  だ  に  て  た  と  想  は  居  頃  養  ら  移  頭  來  を    └   澤  記  る  て  堪  あ  間  で   ゜ 
  な  か  な  見   ゜ 共  録  れ  を  君  の  く  つ  君  て  し     な  山  し  こ  互  ら  つ  が  あ     
  い  ら  つ  た  丁  に  参  た  貞  は  爲  話  て  と   ` て     ど  に  て  と  に  な  た  終  る     
  か  臭  て  と  度  駿  照   ゜ 照  手  め  し  居  を  翌  し     は  話  あ  に  持  か   ゜ る   ゜    
  と  氣  ゐ  こ  秋  河 └┘┌┐ 庵  紙   ` て  ら  訪  日  ま     今  を  つ  な  寄  つ  其  の  當     
  云  が  て  ろ  季  台     天  に  を  箱  歸  な  ね  直  つ     も  し  た  つ  の  た  の  が  時     
  つ  甚  其  が  皇  南     台  し  く  根  つ  か  た  ぐ  た     覺  て  の  た  講  の  間  五  學     
  た  だ  處   ` 靈  甲     道  た  れ  に  た  つ   ゜ 大   ゜    え  ゐ  を   ゜ 話  で  の  時  校     
                                    ゜                                              

     て  出  /  う  す     あ  た  な  ら  々  一     け  松  の  た  廿  分  と  が  て     あ  と  所  
  も  ゐ  す  \  と  る  此  の   ゜ い   ` 見  係  附  た  下  整   ゜ 八  の  い  是   ` 同  る  答  が  
  と  る  こ  成  い  雜  の  や  其  か  君  る  員  言  こ  丈  理  然  日  事  ふ  非  自  年   ゜ へ   ` 
  /  所  と  立  ふ  誌  頃  う  れ  と  は  と  と  大  と  吉  を  る  附  だ  事  大  分  の     て  君  
  \  の  に  し  相  を  か  な  が  い  寧   ` し  和  も  と  し  に  で  か  で  學  等  末     笑  は  
  開  東  な  て  談  發  ら  國  因  つ  ろ  歌  て  田  あ  二  て  君  と  ら  あ  博  が  の     つ   ┐ 
  成  洋  つ  明  が  刊  同  學  縁  て  國  な  勤  建  つ  人  く  と  う  承  つ  物  總  頃     た  シ  
  學  學  た  治  あ  し  人  者  と  小  學  ど  務  樹  た  で  れ  加  /  知  た  館  長  君      ゜ ユ  
  校  藝   ゜ 十  つ   ` の  に  な  中  を  を  し  君   ゜  ` な  藤  \  し   ゜ の  に  と     機  |  
  の  雜  是  四  た  又  間  な  つ  村  や  非  た  も     と  い  君  係  た  予  係  話  加     智  キ  
  在  誌  は  年   ゜ 學  に  つ  て  清  つ  常  一  此     う   ゜ と  長   ゜ は  長  を  藤     概  コ  
  學  で  今  十  其  校   ` た  大  矩  た  に  人  の     /  仕  は  に  す  遊  に  つ  敬     ね  |  
  當  あ  日  月  雜  を  理  の  和  君  が  甘  で  時     \  方  少  任  る  ん  な  け  介     此  レ  
  時  る  に  に  誌  創  學  で  田  に  い  く  あ  博     之  が  し  命  と  で  つ  る  君     の  イ  
  か   ゜ 繼  初  が  立  を  あ  君  紹  ゝ  詠  る  物     を  無  も  せ  十  ゐ  て  か  と     如  祭  
  ら     續  號  と  し  主  る  は  介  ぢ  む   ゜ 場     片  く  標  ら  二  た  く  ら  が     く  だ  
   `    し  を  う  よ  と   ゜  ` し  や  か  段  の     付  て  本  れ  月  時  れ  君  來     で   ゜ 
                                                                               └   

  て  配  す  の  二                       上     つ  ふ  性     れ  論  ら  ふ  然  行  の  對  君  
  土  し  茶  寓  十  何  其        又        の  君  た  こ  で  狂  た  な  の  こ  る  録  芝  と  は  
  瓶  て  碗  居  人  年  の     無  化     車   ┐ の  歌  と  あ  歌   ゜ ど  芝  と  に  に  居  稱  磯  
  と  行  に  を  ば  の  外     き  石     井  地  專  の  で  つ  狂     を  居  が  此  も  通  せ  野  
  茶  つ  差  訪  か  頃  に  掘  こ  と  右  の  す  門  一  あ  た  句     唱  を  行  の  三  で  ら   ` 
  碗  た  支  ね  り  か  も  り  と  い  が  つ  べ  は  二  る   ゜ 狂     へ  能  は  頃  幅  あ  れ  福  
  二   ゜ は  た  連  年  澤  出  の  ふ  上  る  り  地  を  か  遺  文     て  く  れ  世  對  つ  た  富  
  三  す  し  事  れ  は  山  し  た  題  れ  べ └   質  掲  ら  稿  の     も  見  た  上  の  た  も  兩  
  箇  る  な  が  て  忘  あ  た  め  に  ば  に  と  學  げ   ` が  如     仕  て  の  に  芝  と  の  君  
  を  と  か  あ   ` れ  つ  る  し  て  左  似  い  で  て  こ  出  き     方  も  で   ` 居  い  で  と  
  縁  君  ら  る  朝  た  た  石  に     下  た  ふ  あ  見  ゝ  版  は     が  置   ` 演  見  は   ` 共  
  側  は  う   ゜ 早  が   ゜ の  ひ     り  る  題  つ  よ  に  せ   `    無  か  君  劇  物  れ  殊  に  
  に  大  か  其  く   `    蛤  き     て  仕  に  た  う  は  ら  實     い  な  は  改  表  る  に  芝  
  置  勢  と  時  君  予        し        懸  て   ゜  ゜ 少  れ  に    └   い   ┐ 造  が   ゜ 君  居  
  い  を  心  茶  が  が        畠        な     地     し  る  君     と  で  以  論  あ  臨  は  好  
  た  迎  私  を  青  塾        よ        り     質     變  と  の     嘲  改  前  と  る  淵  一  三  
   ゜ へ  心  出  山  生        り              學     は  い  天     ら  良  か  い   ゜ 言  番  幅  
                                                                                   

        は  歌     も  極  を  も     い  つ  と  方  つ  不  を  い  上  三  書     る  咄  に  れ  茶  
           を  又  同  つ  聞  書  君  ふ  て  い  は  た  思  取  よ  に  の  生  是   ゜ 嗟  差  は  で  
     味     つ  此  じ  て  い  か  が  奇  見  ひ  御   ゜ 議  つ  /  は  友  か  は     の  支  酒  あ  
     は     け  の  事  ゐ  て  な  駒  談  せ  蓋  召  す  だ  て  \  各  人  ら  聞     間  は  で  ら  
  栗  西     て  頃  だ  る  見  い  場  も  た  の  し  る  と  見  酒  赤  を  雲  い     に  無  あ  う  
  こ  か     送  君  ど  か  る  端  農  あ   ゜ 裏  あ  と  は  る  が  い  招  丹  た     於  い  つ  と  
  そ  八     つ  が  云  ら  と  書  學  つ  人  に  が  君  思  と  始  吸  い  を  話     け  こ  た  思  
  西  里     て  丹  は   `  ` を  校  た  々  ぬ  り  も  つ  何  ま  物  て  送  で     る  と   ゜ つ  
  の  か     く  波  れ  書  正  く  在   ゜ も  つ  に  蓋  た  も  つ  椀  小  つ  あ     君  勿  斯  て  
  木  知     れ  栗  た  い  月  れ  職     始  て  な  を  が  這  て  が  宴  て  る     が  論  く  飲  
  と  ら     た  の   ゜ て  の  た  の     め  あ  り  取  皆  入   ` 載  を  貰  が     機  で  す  ん  
  は  ね     事   ┐    も  端   ゜ 頃     て  つ  ま  つ  蓋  つ  皆  せ  開  つ   `    智  あ  れ  で  
  い  ど     が  芽     書  書  後   `    心  た  せ  て  を  て  吸  て  い  た  或     の  る  ば  見  
  ふ  も     あ  生     か  は  に  新     付  雲  ん   ┐ し  ゐ  物  あ  た  の  は     一   ゜ 茶  る  
  な        る  え     な  年  此  年     い  丹  か  あ  て  な  椀  つ   ゜ で  越     つ  是  碗  と  
  り         ゜└      く  始  の  に     た  を   ゜ な  し  い  の  た  膳   ` 前     で  れ  の   ` 
           歌  に     て  に  事  何     と  食 └   た  ま   ゜ 蓋   ゜ の  二  の     あ  亦  數  其  
                                                                                   

     當  な  ぐ  の  で  き  る  た  智  つ  其  な     と  た  て  た  一  と  す  近           が     
  君  意  つ  る  時  之  で  こ   ゜ 惠  た  の  祝  稱  い  が  居   ゜ つ  う  る  頃  此        あ  と  
  は  即  て  り  君  を  あ  と  或  を   ゜ 滑  文  好  つ  一  る  其  買  /  と  市  の     西  つ  い  
  半  妙  記  と  は  記  つ  に  年  貸  福  稽  か  塾  て  寸  の  れ  ひ  \  君  中  頃     の  た  ふ  
  蔵  と  念  身  立  念  た  な   ` し  引  を  祝  の  ゐ  忘  で  が  取  日  は  に  の  東  木  の  の  
  門  い  品  に  ち  會  か  つ  塾  て  の  極  辭  記  た  れ  あ  今  つ  蔭  探  少  事  の  は  で  で  
  時  ふ  を  巻  上  の  ら  た  か  作  し  め  を  念  の  た  る  本  て  町  が  く  か  木  芽  返  あ  
  代  べ  受  き  つ  席   ` が  ら  つ  や  て  述  會  で   ゜  ゜ 校  運  あ  し  な   ` と  生  歌  つ  
  の  き  け   ` て  上  梨   ` 君  て  れ  眞  べ  に  あ  其  歌  の  ん  た  て  つ  不  も  え  を  た  
  日  も  た  自  座  で  の  君  に  く  な  面  て  は  る  の  が  博  で  り  見  た  圖  な  な  し   ゜ 
  本  の  其  ら  に  君  木  は  記  れ  ど  目  く   `  ゜ 頃  二  物  く  の  よ  と  金  り  が  た  自  
  中  で  の  速  あ  に  で  本  念  た  も  に  れ  君     我  首  標  れ  古  う  い  米  ぬ  ら   ゜ 分  
  學  あ  機  製  る  呈  達  來  品  も  多  や  た  は     々  つ  本  た  道  と  ふ  糖  べ  も     も  
  於  つ  智  の  赤  し  磨  達  を  の  く  る   ゜ 必     は  け  室  事  具  い  話  の  ら  末     一  
  て  た   ` 達  毛  た  を  磨  贈  で  は  の  而  ず     困  て  に  が  屋  つ  が  看  な  終     寸  
  地   ゜ 實  磨  布   ゜ 刻  が  呈  あ  君  で  か  滑     弊  あ  殘  あ  か  て  出  板  り  に     思  
  理     に  と  を  其  ん  好  す  つ  が  あ  も  稽     黨  つ  つ  つ  ら   ` た  が           付  
                                                                  ゜                

  を  を  は     回  君  風  ど  と     た  島  君     ら  で  爲  常        あ     を  し  太  や  を  
  木  日  有  君  も  は  流  數  は  稱   ゜ 一  は  常  う  あ  め  に  駒     た     黒  て  郎  れ  擔  
  戸  本  名  が  缺  明  會  へ  無  好     雄  能  々   ゜ る  同  骨  場     り  め  板  あ  君  を  當  
  忠  中  な  達  か  治  に  切  い  塾     君  く  戯      ゜ 校  を  農        ん  に  る  が  以  せ  
  太  學  も  磨  さ  二  紹  れ  位  の     の  眞  談     蓋  の  折  科  す     ど  書  の  繪  て  ら  
  郎  に  の  を  ず  十  介  ぬ  で  風     妻  實  ば     し  餘  つ  大  ぐ     う  か  を  畫  有  れ  
  君  預  で  好  出  年  し  程   ` 流     君  に  か     君  興  た  學  一     と  れ  見  冩  名  た  
  に  か  あ  み  席  來  た  あ  其  會     は  書  り     の  は  も  運  本     し  た  て  生  で  こ  
  譲  り  つ  て  し   ` の  る  の  は      ` 生  い     遺  今  の  動  を     や   ゜  ` に  あ  と  
  り   ` た  之  て  今  も   ゜ 折  君     君  の  つ     風  も  で  會  ま     せ     直  撃  つ  が  
  渡  一  が  を  ゐ  日  君  又  の  が     が  世  て     と  猶  あ  の  ゐ     い     ち  劍  た  あ  
  し  昨   ` 蒐  る  に  で  松  狂  出     媒  話  ゐ     い  ほ  つ  餘  ら     し     に  道   ゜ る  
  た  年  君  集  人  至  あ  永  歌  席     酌  を  る     つ  有  た  興  れ     な     一  具  或   ゜ 
   ゜ 其  の  し  で  る  る  聽  な  し     人  し  や     て  名   ゜ は  や     い     首  を  時  不  
  其  の  没  た  あ  ま   ゜ 剱  ど  な     で  た  う     も  な  其  君  せ     と     の  持  眞  相  
  の  全  後  こ  る  で  松  君  も  い     あ   ゜ で     よ  も  れ  が  ん     ま     狂  ち  野  變  
  始  部  之  と   ゜ 一  永  を  殆  こ     つ  古  も     か  の  が  非        の     歌  出  紀  し  
                                          `                                        

                                                                                末  
                                                                                は  
                                                                                東  
                                                                                洋  
                                                                                學  
                                                                                藝  
                                                                                雜  
                                                                                誌  
                                                                                に  
                                                                                掲  
                                                                                載  
                                                                                し  
                                                                                て  
                                                                                あ  
                                                                                る  
                                                                                 ゜ 
                                                                                   
                                                                                   


  阪  し  杉     で  異  で  月  か  開  て  て  阪  生  制  藩  浦  え  杉  夏  こ  用  つ              
  か  て  浦     あ  に   `  ` と  成  ゐ   ` 洋  で  度  の  は  た  浦  期  と  し  か              
  神  ゐ  重  明  つ  し  歳  西  思  學  る  明  學  あ  の  貢   ` 交  ら  休   ゜ て  け  杉     補     
  戸  る  剛  治  た   ` は  松  は  校   ゜ 治  校  る  變  進  明  は  が  暇  東  ゐ  に  浦     足     
  へ  が  の  八   ゜ 杉  同  二  れ  の  お  六  に   ゜ 遷  生  治  り  働  の  京  る  つ  重           
  行   ` 故  年     浦  じ  郎  る  開  そ  年  這  一  に  と  三  が  き  前  開   ゜ い  剛           
  き  當  郷  の     重  だ  は   ゜ 校  ら  に  入  方  應  し  年  出  か  に  成   ┐ て  が           
   ` 時  へ  夏     剛  が  安  杉  を  く  東  り   ` じ  て  に  來  け   ` 學  臨   ` 西           
  そ  は  立  期     は   ` 政  浦  機  は  京   ` 西  て   ` 出  た  て  西  校  淵  西  松           
  こ   ` ち  休     西  そ  二  重  に   ` 外  大  は  進  大  來  と   ` の  在 └   松  二           
  か  横  寄  暇     松  れ  年  剛   ` 明  國  阪   ` 學  學  た  述  上  上  學  は  二  郎           
  ら  濱  つ  に     二  ま  三  は  入  治  語  開  明  し  南  貢  べ  下  級  の   ` 郎  と           
  近  か  た  西     郎  で  月  安  學  七  學  成  治  て  校  進  て  の  生  明  福  の  知           
  江  ら  こ  松     の  の  の  政  し  年  校  學  三  き  へ  生  ゐ  各  で  治  富  文  り           
  へ  船  と  二     上  經  生  二  た  の  に  校  年  た  入  の  る  級  あ  八  孝  章  合           
  行  で  を  郎     級  緯  ま  年  も  東  移  を  に  上  學  膳   ゜ を  つ  年  季  を  ふ           
  つ  大  記  は     生  を  れ  五  の  京  つ  經  大  級  し  所  杉  超  た  の  の  引  き           
                                                `           `                      

     取  る  冗  人  英  學  る  顧  と  安  い  に      ┓ も  げ  借  貞  あ  浦  三  國      ┐ へ  た  
     り  の  談  物  語  園  英  問  な  政  ふ  駿     東  な  た  り  照  つ  重  年  に     わ  立  や  
  杉  合  に  が   ゜ 學  中  吉  を  り  四   ゜ 河  明  洋  つ  り  上  庵  た  剛  に  留  杉  ざ  ち  う  
  浦  は  時  出  西  校  學  利  し  英  年  こ  臺  治  學  た  し  げ  を  貞  の  歸  學  浦  わ  寄  で  
  が  せ  間  る  は  を  校  法   ` 國  生  の  南  十  藝   ゜ て  て  氣  照  下  國  し  重  ざ  る  あ  
  西  で  が  の  諧  設  高  律  現  へ  ま  増  甲  三  雜  杉   ` 使  に  庵  宿  し  た  剛 └   こ  る  
  の  あ  掛  に  謔  立  等  學  在  留  れ  島  賀  年  誌  浦  杉  ひ  入  を  先  た  が  は  と  と   ゜ 
  紹  つ  か   ` 諷  し  學  校  の  學   ` と  町  當 ┗   や  浦   ` り  紹  と   ゜  `  ` い  は  從  
  介  た  る  増  刺  て  校  お  中  し  後  は  に  時  を  西  の  再   ` 介  し  そ  病  明  ふ  回  つ  
  で  と  と  島  が  兩  の  よ  央  て  に   ` 家   ` 創  の  仲  び  後  し  て  の  氣  治  表  り  て  
   ` い  い  は  得  校  前  び  大  か   ` 増  を  西  刊  仲  間   ` に  た  傳  時  の  九  現  道   ` 
  博  ふ  ふ  そ  意  の  身   ` 學  ら  三  島  持  は  し  間  の  個  は   ゜ 通  に  爲  年  に  に  西  
  物   ゜  ` れ  で  校  で  現  の  三  菱  六  つ   ` た  は  活  人  日  杉  院   ` に  に  な  な  に  
  館     好  を   ` 長  あ  在  前  菱  の  一  て  増   ゜  ` 動  で  本  浦  の  西   ` 官  つ  る  は  
  の     對  理  次  を  る  の  身  の  給  郎  ゐ  島     こ  拠  借  中  重  境  は  明  費  て  の   ` 
  係     照  解  々  し  東  日  で  法  費  で  た  と     こ  點  り  學  剛  内   ` 治  で  ゐ  で  近  
  長     の  す  と  た  京  本  あ  律  生   ` と  共     で  と  上  で  は  に  杉  十  英  る   ` 江  
                                                                           ゜       

  ん  し  を  芝  千  そ └   な   ┐ て  富  こ  す  屁  擧  無  幅  明  成  對  で  孝  こ     仕  が  の  
  や  た  見  居  頭  れ  と  ど  今   ` 孝  の  人  家  げ  産  對  治  學  と  目  季  こ     事  杉  仕  
  り  の  せ  好  清  に  し  は  か  そ  季  書  の   ` ら   `┗   三  校  い  立  を  で  開  の  浦  事  
  し  に  る  の  臣  續  て  劇  ら  の   ` で  五  薄  れ  短  に  十  の  ふ  つ  擧  は  成  き  の  を  
  て   ` 手  福   ` い   ` 學  云  解  向  は  つ  眉   ` 氣  よ  六  三  の  人  げ  西  學  つ  東  得  
  ゐ  杉  筈  富  仙  て  別  者  へ  説  坂   ` の  毛  西  な  る  年  幅  が  物  て  松  校  か  京  た  
  た  浦  を  が  石   ` 格  と  ば  で  兌  芝  三   ` 松  ど  と   ` 對  流  を  ゐ  二  の  け  大  こ  
  と  は  整  杉  貢  芝  扱  云  西   `  ` 居  幅  風  二  合   ` 吉  百  行  三  る  郎  芝  で  學  と  
  い  芝  え  浦   ` 居  ひ  つ  松  西  小  好  對  流  郎  計  杉  川  六  つ  人   ゜  ` 居  あ  予  を  
  ふ  居  へ  に  杉  嫌  で  て  二  松  山  三  に  人  は  十  浦  弘  十  た  ず  當  磯  好  る  備  書  
  逸  茶  て  團  浦  三  あ  も  郎  二  田  幅  擧   `  ` 七  重  文  八  や  つ  時  野  三   ゜ 門  い  
  話  屋  杉  十  重  幅  る  よ   ` 郎  銓  人  げ  數  餅  の  剛  館  組  う  擧  は  徳  幅     長  て  
  を  の  浦  郎  剛  對   ゜ い  磯  に  太  と  ら  度  菓   ` は  發  を  で  げ  色  三  對     に  ゐ  
  紹  二  を  の  を  と  そ  位  野  就  郎  し  れ  手  子  三   ` 賣  集  あ  て  々  郎  と     至  る  
  介  階  呼  忠  擧  し  し  で  徳  い  を  て  て  紙  好  幅  慷  の  成  る   ` の   ` し     る   ゜ 
  し  で  び  臣  げ  て  て  あ  三  て  擧   ` ゐ  を   ` 對  慨   ┓ し   ゜ 三  分  福  て     役  こ  
  て  ぼ  出  蔵   `  `  ` る  郎  は  げ  福  る  出  放  に  家  三  た  開  幅  野  富   `    所  れ  
                        ゜     `        ゜           `                               

                                         た  た  日  に  二     を  に  稿  藏  卒  は     ゐ  
                                          ゜ と  本  紹  郎     収  關  芳  が  業   `    る  
                                            こ  學  介  と  金  録  す  菲  十  生  大   ┐  ゜ 
                                            ろ  園  し  杉  米  し  る  達  三  で  正  遺     
                                             ` 高  て  浦  糖  て  文  磨  回   ` 十  稿     
                                            見  等  あ  重  の  ゐ  章 ┗   忌  西  年  が     
                                            當  學  る  剛  看  る  を  を  に  先  に  出     
                                            ら  校   ゜└   板   ゜ 中  指  作  生   ` 版     
                                            な  で  平  に  に     心  す  成  の  三  せ     
                                            い  看  成  そ  つ     に   ゜ し  養  重  ら     
                                            と  板  十  の  い      ` こ  た  嗣  工  れ     
                                            の  の  八  時  て     代  こ   ┓ 子  業  る     
                                            こ  有  年  の  は     表  に  西  で  學 └      
                                            と  無  十  狂   `    的  は  理  あ  校  と     
                                            で  を  一  歌   ┐    な   ` 學  る  第  い     
                                            あ  尋  月  と  西     狂  達  士  西  三  ふ     
                                            つ  ね  に  共  松     歌  磨  遺  芳  囘  の     
                                                                                   


私設校外集會室の玄關

このページの履歴
○平成十九年拾月二十八日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十八年十二月二十日、掲載。
著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十八年、平成十九年
CopyRight © 2006 - 2007  Higasikawa Yositugu